So-net無料ブログ作成
検索選択

長官銃撃 「オウムのテロ」断定 警視庁 異例の捜査結果公表(産経新聞)

 平成7年3月の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件が公訴時効を迎えた30日、警視庁の青木五郎公安部長が会見し、「事件は教祖の麻原彰晃死刑囚(55)=本名・松本智津夫=の意思の下、オウム真理教の信者が組織的・計画的に敢行したテロ」とする捜査結果の概要を公表した。時効が成立した事件で犯行グループを名指しして捜査結果を公表することは極めて異例。概要は31日から30日間、警視庁のホームページ(www.keishicho.metro.tokyo.jp)でも公表する。

 概要では、A〜Hまでの仮名で元信者8人の事件前後の動向を詳述。青木部長は公表理由について「事件の重大性やオウムが観察処分を受けていることなどにかんがみて公表することにした」と説明した。

 「人権侵害に当たらないか」との質問が出たが、「犯行主体を明らかにする上で必要な限度で事実を公表した。公益性と社会正義との均衡を考慮した」と述べた。さらに、「刑事責任を問うことと、捜査結果を分析した結果を国民に報告することは違う。法的に問題があるとは考えていない」と強調した。

 また、事件の教訓として「情報収集の対象がオウムのような新しい脅威に十分な注意を払っていなかった」とし、「国民の協力で対処能力を高めていきたい」と話した。

 一方、事件への関与を供述しているオウムとは無関係の受刑者(79)については、事件後に海外渡航歴があり時効が延長されるが「供述内容と犯行状況の不一致が多数ある」として捜査を打ち切った。警視庁は30日午後、捜査結果の書類を東京地検に送付した。

【関連:警察庁長官銃撃事件時効】
まずは捜査「完敗」の検証を
捜査結果 オウム信者の動向を詳細記述
無念の時効「総括必要」 国松元警察庁長官インタビュー
官房長官が時効後の「オウムのテロ」発表を疑問視
オウム名指しは「正義にかなう」 長官銃撃で警視庁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

【ゆうゆうLife】自分で立てるケアプラン(産経新聞)
<業過傷害>会社役員ら略式起訴 岐阜の遊具事故 (毎日新聞)
ダイハツ「タント」「ムーヴラテ」リコール トヨタ「タウンエース」なども(産経新聞)
送迎バス炎上 交差点で体調急変…蛇行運転30秒(産経新聞)
立ち入り9割超で違反、公表制度の創設検討 高円寺ビル火災受け報告書(産経新聞)

北海道の公立学校 9割超で校長交渉 北教組資料 要求のませ文書化(産経新聞)

 北海道の公立学校で、現場の教職員と校長が職場で労使協議する「校長交渉」が北海道教職員組合(北教組)の調査した学校の9割超で行われていることが、同教組の資料から19日、明らかになった。道内の「校長交渉」には「学校運営の全責任を負う校長の権限を制約し、学校教育をゆがめる温床」(文部科学省幹部)と指摘されている。北海道教育委員会(道教委)も全道規模の実態調査に乗り出した。

                   ◇

 北教組が平成20年度に道内の学校で実施した「権利点検調査」によると、「校長が(学校で組合との)交渉に応じる」と答えた組合が90・4%にのぼり、前年度88・9%より増えていた。

 「交渉回数」は年「6回以上」が81・4%で前年度調査77・3%より4・1ポイント増。「交渉」のやり方も「分会役員で交渉」が90・8%だが、「全員で交渉」としたのは1・2ポイント減の7・2%。さらに「交渉結果」をメモにまとめ、校長の言質として確認する「口頭メモ確認」は64・7%(前年度63・3%)あった。やりとりを正式な労使による確認書として取り交わす「文書確認」も4・8%(同7%)あった。

 北教組では「交渉権の確立」と「権利の定着・拡大」が重要として、組合員に職場教師全員で毎回校長と交渉するのが原則としている。さらに、交渉の開催要求を校長に必ずのませ、確認したことは文書にするよう呼びかけていた。

 交渉自体は違法ではないが、地方公務員法では55条で労使交渉の進め方を具体的に定めており、議会の議決事項や法令、人事予算、校長の権限事項を交渉議題にすることを禁止している。議題や時間、場所、出席者など必要な事項をあらかじめ取り決める予備交渉も義務づけている。さらに原則、組合の分会には交渉出席の資格はないとしている。

 ところが、北海道では、人事や教育内容など校長の権限で行うべき項目が議題にされ、予備交渉などの規定も無視されることが多い。「交渉」への出席者も分会長を含めた全教職員が出席、組合員が校長を取り囲み、校長の話に次々と怒号を浴びせたりする「糾弾集会」と化している学校も多いという。

 事態を憂慮した道内の教委からは「分会は当然に交渉当事者となるものではない」と通知を出したところもあるが、無視されているのが実情だ。

 道教委では「さまざまな服務上の指摘がされており、事実関係を確かめる必要がある」と、調査を急ぐことにしている。

鳩山邦氏の離党届受理=自民(時事通信)
<台風1号>フィリピン東海上で発生(毎日新聞)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪−福井県警(時事通信)
首相動静(3月22日)(時事通信)

銭湯 三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)

 三重県鳥羽市の離島・答志島で唯一の銭湯「元湯」=武中元之助さん(83)経営=が今月上旬に廃業し、140年の歴史に幕を下ろした。島民からは「裸の付き合いができる場がなくなり、さみしい」と、惜しむ声が出ている。県伊勢保健所によると、元湯の廃業で、鳥羽、志摩両市がある志摩半島から銭湯が姿を消した。【林一茂】

 元湯は8日に風呂釜が壊れた。武中さんは「これまでもたびたび漏水があった。この辺が潮時」と2日後、伊勢保健所に廃業届を出した。島民には、銭湯の入り口に張り紙をして知らせた。

 元湯は明治初期の創業で、武中さんは4代目。妻のさく子さん(78)と協力して切り盛りしてきた。島には最盛期、4軒の銭湯があった。昔、雨水が頼りだった島では風呂がある家庭はほとんどなく「男湯、女湯とも芋を洗うようだった」という。だが、72年に本土から水道が通り、風呂事情は一変した。

 内風呂が増え、銭湯は半減。近年は2軒の銭湯が1日置きに営業していたが、08年末に1軒が廃業し、島の銭湯は元湯だけになった。元湯は本来480円の入浴料を350円に据え置いて頑張ってきたが、最近の入浴客は1日30人前後で武中さんは「ボランティアみたいなものだった」。

 武中さんは「家に風呂がないお年寄りには申し訳ないが、私も老いて、これ以上やっていけない」。さく子さんは「涙が出てくる」と顔を曇らせた。島民からは「よく今まで営業してくれた。ご苦労さん」と、ねぎらいの言葉が贈られている。

 県公衆浴場業生活衛生同業組合鳥羽支部の役員を務めたこともある武中さんの話では、銭湯は最盛期に鳥羽市で20軒余り、志摩市で5軒前後あったという。

【関連ニュース
銭湯不正配管:下水料逃れ 浜松市5億7000万円を請求
銭湯:体験でつづる、今昔 イラスト交え本に 戦前、戦後の気概伝え
まち探訪:恵庭の商店街/26 錦湯 /北海道
千客万来:札幌 光の湯 /北海道

<開店>「クリスピー・クリーム・ドーナツ」名古屋市名駅に(毎日新聞)
民主、生方副幹事長を解任 辞任拒否で“粛清”「動き出てくる」?(産経新聞)
<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
有事の核持ち込み 外相、将来容認も(産経新聞)
雑記帳 トビウオ使ったカレー限定販売へ 和歌山・串本(毎日新聞)

ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)はこのほど、「2009年度日本のドラッグストア実態調査」の結果を公表した。それによると、全国のドラッグストアの総売上高は前年度比4.0%増の5兆4430億円(推定値)で、調査を開始した2000年度から10年連続で増加している。

 調査は日本国内でドラッグストアを2店舗以上経営している会社を対象に、JACDS正会員会社にはアンケート、会員外会社には聞き取り調査などを昨年10月8日から今年1月20日にかけて実施し、それぞれ179社、373社から有効回答を得た。調査は2000年度から毎年同じ方法で実施しており、売上高は直近の決算データを基に全国のドラッグストアの数字を推定している。

 医薬品の売上高は前年度比4.2%増の1兆6536億円(推定値)で、10年連続で増加している。全国のドラッグストアの総店舗数は前年度から346店舗増の1万5971店舗(推定値)で、これも10年連続で増加。また、店舗の規模を見ると、「150坪以上300坪未満」が38.4%で最も多く、以下は「60坪以上150坪未満」25.2%、「30坪未満」14.2%が続いた。「300坪以上」の大型店舗は10.2%で、調査を開始以来はじめて10%を超えた。

 調査結果について同協会は、各社の決算時期が同一でないことから、薬剤師がいない店舗での第一類医薬品の販売を禁止した昨年6月施行の改正薬事法の影響はさほど入っていないとしている。


【関連記事】
第1類医薬品「販売体制が十分でない」
一般用医薬品販売制度のQ&Aを事務連絡―厚労省
「登録販売者など不在で薬購入できず」5%が経験
医薬品購入時の相談、「ほとんどしない」が4割
一般用医薬品販売が劇的に変化―2009年重大ニュース(6)「改正薬事法」

シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
乳児・揺さぶられ死で24歳母「育児せぬ夫に悩み」(産経新聞)
<裁判員裁判>女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決(毎日新聞)
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明−大阪大(時事通信)
山岡氏、鳩邦“政界再編”に「民主からは1人も…」(産経新聞)

鶴岡八幡宮 大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待(毎日新聞)

 神奈川鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)は12日、雪交じりの強風で倒れた大銀杏(おおいちょう)の幹の一部を植え直し、再生を図る方針を決めた。同日朝、木を診断した東京農業大の浜野周泰教授に「埋めた株から根が出る可能性がある」とお墨付きを得た。

 八幡宮によると、下から約4メートルの部分で幹を切断して枝を払い、土中に残ったままの根の近くに植える。浜野教授は10日に倒れた直後は「再生は厳しい」との見方を示したが、12日の再診断後に「保証はできないが、埋めた株からも根が出るかもしれない」と述べた。残っている根からも、ひこばえ(幼木)が生えてくると期待されている。

 吉田宮司は「時間がたつと木が死んでしまう。再生へ向けて作業を始める」と話し、八幡宮工務所の技手(ぎて)は早速、工具などの準備を始めた。神奈川県の松沢成文知事は11日夕に視察し、「ご神木は非常に歴史的な価値があり、八幡宮の財産。どういうふうに未来につなげていけるか、八幡宮と相談して検討していきたい」などと述べた。【吉野正浩】

【関連ニュース
特集:第3回伝統文化継承トークフォーラム 日本人と神社の関係、これからの役割は
鶴岡八幡宮:衝撃、大銀杏倒壊 吉田宮司、涙ながらに「つらい…」 /神奈川
ハローキティ:全国36神社でオリジナルスタンプ 「神社めぐり スタンプ帳」発売
ニュース交差点:話題 樹齢千年の大銀杏倒れる

<直木賞選考委>平岩さんと五木さんが退任(毎日新聞)
糖尿病とアルツハイマー病の合併で症状悪化 “負の連鎖”を阪大研究チーム突き止める(産経新聞)
<愛子さま>ホームルームに出席 学習院初等科で終業式(毎日新聞)
法務局課長補佐、部下の金盗む…カメラに犯行(読売新聞)
偽5千円札偽造・行使、風俗店員に有罪判決(読売新聞)

山内衆院議員の元秘書起訴=支援者から3000万円詐取−東京地検(時事通信)

 みんなの党の山内康一衆院議員(比例北関東ブロック)の元政策秘書神武幸容疑者(48)が、支援者から3000万円をだまし取ったとされる事件で、東京地検は10日、詐欺罪で神容疑者を起訴した。
 起訴状などによると、神容疑者は2008年4月、東京都目黒区の運送会社社長に対し、「銀行資金不足に陥っていて、3カ月程度のつなぎ資金をひそかに募集している。1口3000万円、利息は40パーセントだ」と偽り、3000万円をだまし取ったとされる。
 地検によると、だまし取った金は遊興費などに使ったという。
 神容疑者は山内議員が初当選した後の05年11月に採用され、政治資金の管理などを担当。08年9月に辞職した。 

【関連ニュース
融資担保名目でカード詐取=家電購入で8000万超被害か
桑名市課長、詐欺で逮捕=架空投資話で4000万円
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供
佐川急便元社員を逮捕=架空発注で代金詐取容疑-1億6000万被害か・警視庁
融資金名目で1億超詐取=東電への売掛債権を偽装

襲撃受けたケージ、構造見直しを=環境相がトキ保護センター視察−佐渡(時事通信)
スカイマークを特別安全監査、国交省が厳格対応(読売新聞)
海外税制悪用、1億3千万円脱税容疑で社長告発(読売新聞)
尿から覚せい剤成分検出=「使用」でも立件へ−JAYWALK中村容疑者・警視庁(時事通信)
「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述(産経新聞)

<強盗致傷>寺院押し入った6容疑者を逮捕 住職ら暴行−高松(毎日新聞)

 高松市内の寺院に押し入って現金を奪おうとしたとして、香川県警は12日までに、大阪市北区の無職、山本政博容疑者(57)ら6人を強盗致傷容疑で逮捕、高松地検がうち2人を同罪で起訴した。県警はさらに、暴力団組員ら4人を同容疑で指名手配した。昨年6月に兵庫県明石市の神社で約150万円、京都市の寺院で今年1月に約200万円が奪われており、関連を調べている。

 指名手配されたのは、いずれも住所不定で、職業不詳、中村哲二(33)▽暴力団組員、首藤薫(30)▽職業不詳、常道正裕(29)▽無職、竹地裕司(24)の4容疑者。

 起訴状などによると、山本被告らは共謀して今年2月19日、高松市塩江町の寺院に押し入り、住職(73)をバールで殴り、妻(68)や長男(40)をガムテープで縛るなど暴行して金を奪おうとしたが、抵抗されて逃げたとしている。【松倉佑輔】

“乱戦模様” スマートフォン向けコンテンツサイト(産経新聞)
バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)
阿久根市長「お前たちとは話をしない」委員会退席(読売新聞)
コマツ、174億円申告漏れ=海外取引で国税指摘(時事通信)
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚−東北大(時事通信)

「他にも100件ぐらいやった」 窃盗容疑で男再逮捕 東京や埼玉で空き巣繰り返す?(産経新聞)

 マンションの一室に侵入して現金を盗んだなどとして、警視庁捜査3課と埼玉県警の合同捜査本部は、窃盗と住居侵入の疑いで住居不定、無職、加藤光被告(37)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。同課によると、加藤容疑者は容疑を認め「他にも100件ぐらいやった」と供述している。

 同課の調べでは、加藤容疑者は昨年5月から、東京都埼玉県アパートやマンションの部屋に侵入し、現金などを盗む手口で計約150件、被害総額約1000万円相当の空き巣を繰り返していたとみられる。

 逮捕容疑は昨年10月下旬、旅行中だったさいたま市南区に住む男性会社員(31)方に侵入し、現金約19万円や指輪などを盗んだとしている。

 同課によると、同課の捜査員が先月4日、東京都台東区上野のゲームソフト店で、加藤容疑者が同月3日にさいたま市内の大学生の男性(19)方から盗んだゲームソフトを売却するところを確認し、窃盗容疑などで逮捕した。

【関連記事】
盗んだ貴金属、地面に埋め“保管” 窃盗容疑でコロンビア人男女3人逮捕
TVで間取り紹介直後…人気洋菓子店「マダムシンコ」会長宅に空き巣、3億円被害
空き巣に入って5時間滞在 「事後強盗」容疑で男を逮捕 岡山県警
各地で暗躍「資産家窃盗団」ヤミで情報入手、その手口とは
強盗殺人罪で女を起訴「以前、空き巣に成功したので…」青森

ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
増税前に外国たばこ値上げ 財務省認可(レスポンス)
自民党 執行部批判、身内から続々(毎日新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)

元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄−和歌山県警(時事通信)

 和歌山県岩出市発注の公共工事をめぐり、設計金額を業者に教えた見返りに現金を受け取ったとして、県警捜査2課は4日、収賄容疑で元市事業部長の富永幸一容疑者(60)=同市山、競売入札妨害罪で起訴=を、贈賄容疑で地元工務店社長の藤原博之容疑者(64)=同市野上野、同罪で起訴=を再逮捕した。いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、富永容疑者は同市事業部長をしていた2007年4月〜09年3月、同部が発注する工事について設計金額を藤原容疑者に教えるなどした謝礼に、現金計約20万円を受け取った疑い。
 同課によると、富永容疑者は「金のやりとりは何回もあった。合計で100万円以上はある」と供述しているという。 

【関連ニュース
京都市主任を収賄容疑で逮捕=工事に便宜、業者から20万円
神栖市職員ら4人を逮捕=競売入札妨害で
元岩出市部長ら3人を逮捕=競売入札妨害容疑
町村会視察「記録ない」=前福岡県副知事の北海道旅行
中島容疑者、副知事就任時にも現金=町村会長側から祝い金

小沢氏進退「自身で判断を」=前原氏(時事通信)
<ニイウスコー>元会長ら再逮捕へ 05年決算も粉飾容疑(毎日新聞)
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災−水戸簡裁(時事通信)
与謝野氏、新党視野 倒閣へ執行部刷新迫る(産経新聞)
「おかしいと思ったら通報を」=振り込め防止にふりかけ配布−警視庁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。